返済方法で差が出るキャッシング

ほとんどの方はカードローンの申込みをする前に金利を比較してからキャッシング会社を決めると思います。金利は返済に大きく影響してきますから、当然の事ですが、金利以外にも比較する事があります。

 

比較対象で最も重要なのが金利の比較

金利を比較する時、大手消費者金融同士の比較ならそれほど大きな違いはありません。しかし、銀行カードローンに関していえば、カードローンによっておおきな違いがあります。

 

低金利で利用できるという点だけを考えると、銀行カードローンが有利で、キャッシングを申込む前に、必ず比較してみましょう。短期で借りる場合、多少の違いが有ってもそれほど影響する事がありませんが、高額融資なると、利息の負担が大きくなるので、少しでも低金利のカードローンを選ぶ事が重要です。

 

金利以外も比較する

カードローンを申込むうえで、金利や審査、融資など、多くの比較項目がありますが、返済方法も比較項目のひとつです。返済方法を比較する事で、返済の負担を減らす事が出来ます。多くのキャッシング会社は、毎月返済以外に一括返済や、繰上げ返済などが利用できます。しかし、中にはそう言ったことに対応していないキャッシング会社もあります。

 

カードローンの返済方法が豊富という事は、状況に応じて効率よく返済が続けられます。返済方法の多くはリボ払いとなっていることが多く、借入残高によって返済金額が決まるので、返済の管理がしやすいですが、一般的に毎月返済額が少なく設定されているので、長期返済になり、利息を含めた総返済額が多くなってしまいます。
そうならないためにも、様々な返済方法が利用できるキャッシング会社を選ぶ事が重要です。

 

また、多くの方は借入や返済に提携ATMを利用していると思います。提携ATMを利用するは、お金の出し入れに毎回1万円以下は108円、1万円以上は216円の利用手数料が発生します。長期返済になればなるほど、その利用手数料もバカになりません

 

キャッシング会社の中にはそういった手数料が何度でも無料で利用できるカードローンもあります。利用手数料を毎回支払うという事は、金利以外に負担がかかるので、キャッシング会社を選ぶ時は、手数料無料でATMが利用できるかも、比較するポイントです。