カードローンを比較する

キャッシングはお金を借りたい時、手軽に申込が出来る便利なシステムです。申込は大手消費者金融やクレジット会社、銀行で申込が出来ます。

 

キャッシングはカードローンとも呼ばれ、消費者金融や銀行の小口融資をカードローンと呼ぶ場合があります。費者金融と銀行カードローンは全く別物で、両社の違いを知ることで、最適なキャッシングが始められます。

 

銀行カードローンでお金を借りる

最近は大手銀行だけでなく、都市銀行や信用金庫など、あらゆる銀行がカードローン市場に参入しています。銀行カードローンはほとんどのカードローンは消費者金融に比べて低い金利で利用でき、年収に関係なく融資限度額が決められる、という事から、返済を長期で考えておられる方や、少しでも安く借りたいという方におすすめです。

 

消費者金融では、融資を受けるのが厳しいとされる無収入の専業主婦でも、申込ができるカードローンがあるので、そちらを利用すれば専業主婦でも安心してキャッシングが始められます。また、多くの銀行がカードローンを扱っていますので、カードローン同士の金利の比較も出来るので、少しでも金利を低く借りたいという方にはおススメです。

 

消費者金融でお金を借りる

消費者金融は、発足当時から、お金を貸すことだけに特化していますので、これまで積み上げたデータやシステムを利用して、瞬時に判断できるスピード審査が可能で、今日明日中にお金を借りたいという場合は大手消費者金融がおススメです。

 

審査基準は、銀行カードローンの審査と比べると比較的審査が緩く、少しでも多くの人に利用できるようなシステムになっています。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外になりますが、消費者金融は貸金業法の総量規制の対象になるため、融資限度額は最大で年収の3分の1以内と制限されます。そのため、すでに年収の3分の1近くまで借りている人や、収入のない専業主婦の利用は難しくなっています。

 

それぞれの特徴を知って申込先を決める

申込先を決める場合、たとえば「少しでも低金利でお金を借りたい」時は銀行カードローンがおススメですし、「すぐにお金を借りたい」時は消費者金融がおススメです。

 

まずは、自分がどのように利用したいのかを決める事で、申込先の選択範囲を絞り込む事が出来ます。