消費者金融と銀行カードローンを比較する

キャッシングを始める時、消費者金融のキャッシングや、銀行カードローン、から選ぶ事になりますが、総量規制によって大きな違いがあります。

 

総量規制って?

総量規制とは、2010年の貸金業法の改正で総量規制が完全施行になりました。この法律は、消費者金融が顧客に融資をするときの上限を決めたもので、融資限度額は年収の3分の1以内と決められました。

 

この法律が出来た原因は、法律が出来る前は消費者金融の融資は、貸せる人にはいくらでも貸し出していたので、返済を考えずに借入れをした消費者は、返済が続けられなくなり、夜逃げや破産宣告をする利用者が急増したため、金融庁は過剰貸出しを抑えるために、融資限度額を決めた法律です。

 

総量規制は貸金業法

この法律は利用者が守らなければならない法律ではなく、消費者金融が守らなければならない法律です。この法律に違反すれば厳しい罰則が科せられるようになっています。

 

たとえば、借入希望額が50万円をこえる場合や、他社で借入が有る時はその借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる場合は、収入証明書類(納税証明書や源泉徴収票、直近の給与明細書など)の提出を求め、年収の確認をする事が義務付けられています。

 

銀行カードローンは総量規制に影響されない

銀行は銀行法に基づいて事業をおこなっているので、貸金業法は適用されません。そのため、総量規制の対象にはならず、銀行はそれぞれが独自の審査基準を設け、その基準でお金を貸すので、年収による制限がありません。ですから、審査で貸してもよいと判断すれば年収の3分の1であっても融資が受けられます。

 

また、年収を確認する事もないので、収入証明書類の提出は100万円以下なら不要、200万円、300万円までは不要といった銀行カードローンもあります。

 

また、収入のない専業主婦は消費者金融でキャッシングを申込む時は配偶者の名義になり、本人名義で申込は出来ません。一方、銀行カードローンは、無収入の専業主婦でも個人名義で申込ができる商品を扱っているカードローンもあり、主婦の間でも銀行カードローンは人気があります。銀行カードローンなら低金利で安心安全のキャッシングが続けられるはずです。

 

総量規制の対象になるかならないかで、申込先の選択が大きく違ってきます。